Kyoyaki / Shimizuyaki 京焼・清水焼

ico

京焼と清水焼ってどう違うの?

この質問には京都のやきものの歴史からお話しなければなりません。
本来[京焼]とは京都のやきものの総称です。
[清水焼]とは清水寺の下あたりから五条坂のあたりで焼かれたやきものの事をさしていました。
江戸時代に京都では多くのやきものが造られるようになり、御室焼、押小路焼、粟田焼、清水焼などがありました。
[京焼]には色々な窯があったのです。

ところが江戸後期には粟田焼と清水焼が2大生産地となり、さらに五条坂では磁器の生産に成功し、清水焼の生産量は増えました。
需要に応じる為、清水焼の窯元は明治大正期には東山の日吉、泉涌寺地区、戦後は山科清水焼団地、宇治の炭山地域など京都のあちらこちらに広がりました。
明治期に輸出用陶器で栄えた粟田焼もその後いったん窯の火を落とし(今は復活しています)[京焼] = [清水焼]のイメージができてしまった時期がありました。

現在は、京都府内で手作りの陶磁器類を伝統的工芸品(経済産業省認定)に指定されている[京焼・清水焼]と呼んでいます。

清水焼ってどんなやきもの?

とよく聞かれますが、一言で答えるのはなかなか難しい。 他の産地と異なり磁器もあれば陶器もあります。 見た目も製法技法も様々ですが、共通点は京都で手作りされたやきものという事です。

例えば備前焼はその地方で採れる陶土を使い、まき使用の登り窯で焼成されます。 窯元さんが違っても、備前の土を用いほぼ同じ製作方法で作るので一目で備前とわかります。 有田や瀬戸、信楽なども昔から器作りに適したよい土が産出するので焼物の産地として今まで発展しています。

ところが京都では焼物に適した土は今ではほとんど採れません。 ただ長い間、都であった京都は文化の中心でしたから様々な焼物の需要がありました。 それら文化人の要望を受けて、京都の陶工達は各地の陶土を吟味し、配合し、様々な技法を取り入れ、新しい手法を生み出し、新しい器作りをしてきました。

そもそもが受注生産であり、客の好みに応じた多種多様なやきもの、これが、京焼・清水焼の一番の特徴であると言えます。それぞれの窯元さんが様々な手法を用いて手作りで古くからの伝統を大切にしながらも、使い手と共に常に新しいやきものを創造していくことを目指しているのが、京焼・清水焼なのです。

店舗案内

  • 店舗案内
  • 店舗案内
  • 店舗案内
  • 店舗案内

京焼・清水焼の特徴をあげると

  • 作家さん、窯元さんの個性が強く、独自の手法で作られる
  • 磁器も陶器もある
  • 軽い、薄い、雅びなどが共通する点
  • 手作りなので価格は高めである
  • 多品種少量生産
  • 受注生産で発展した

嘉峰窯

初代嘉峰は華道具の製作を主に、二代目は和食器を中心に作陶しています。
その軽くて使い良い繊細な器は、伝統工芸士ならではのもの。
この小紋桜シリーズは大きい茶碗は
たっぷり入るように作られていて、清水焼の茶碗は上品すぎて小さいという男性陣にも納得がいくはず。
細かい筆運びの微妙な色変化をつけた桜。

嘉峰 古紋桜 組茶碗
嘉峰 古紋桜 組湯呑
嘉峰 古紋桜 マグ
嘉峰 古紋桜 6寸鉢
嘉峰窯

洸春窯

洸春窯は跤趾の器を得意としていますが、3代目慎一さんは陶器も焼いておられます。
春の光に抱かれる桜と夜に浮かび上がる桜を一珍技法で表現しました。

洸春窯 一珍桜 コーヒーカップ&ソーサー
洸春窯 一珍桜 コーヒーカップ&ソーサー
洸春窯 一珍桜 4寸浅鉢(撥水加工)
洸春窯

石雲窯

現在、六代目の石雲窯は、清水焼の食器を中心に作り続けておられます。
陶土の赤土と白土をほど良く練り合わせた生地に白い化粧土をかけて、暖かい土の風合いを出しました。
紺色はコバルト、赤色は鉄の顔料で飽きのこない唐草柄を描いています。
電子レンジでの使用もOKです。

石雲窯 唐草 湯呑
石雲窯 唐草 湯呑
石雲窯 唐草 茶碗
石雲窯 唐草 茶碗
石雲窯 唐草 土瓶(急須もあります)
石雲窯 唐草 デミタスC/S
石雲窯 唐草 デミタスC/S
石雲窯

岩華窯

明治初期創業の岩華窯は磁器の祥瑞写しを特に得意としています。
当代、五代目は各地にて個展を開き、使いやすい夢ある器を作る意欲を燃やしています。
四角いフォルムに力強い竹の柄、持てば清水焼らしい軽やかな磁器の湯呑とぐい呑。器の内側にも底まで竹が描かれ丁寧に作られています。

岩華窯 角竹組湯呑
岩華窯 角竹 ぐい呑
岩華窯 染付桜詰茶碗(大)
岩華窯 染付桜詰茶碗(小)
岩華窯

俊山窯

九谷焼で習得した技法で京都東山の御寺泉涌寺のふもとで初代森俊一が窯を起こしてから約百年。
二代 俊山(森典弘)、三代 森俊次さんが共に伝統工芸士として活躍されています。
江戸時代に仁清・乾山により完成された「京都・清水焼」の伝統美を継承しつつ、現代感覚を反映させた器を作られています。窯変が現われる陶器に色鮮やかな乾山風の絵付けが施されたお茶碗は独特の味わいがあります。

俊山窯 四季草花茶漬碗
俊山窯 四季草花湯呑
俊山窯 花かわり銘々皿
俊山窯

林山

江戸後期 初代 八兵衛は九谷で名をはせたが、明治22年  曾祖父 定次郎が京都にきて陶技を磨き、林山と号しました。
以来五条坂にて作陶、祖父辰治郎の継承を経た後、父八郎が昭和 四十六年炭山に窯を移しました。
京都に開窯して4代目の淳司さんは、絵付の奥さまと力を合わせ て、「視覚で楽しみ、触感で温かさを感じるような器つくり」をめざしておられます。手ひねりで作られた抹茶碗は手に持つと馴染み、まさしく触感で温かさを感じます。

林山 手ひねり抹茶碗
林山 3寸丸花瓶
林山 豆花瓶
俊山窯

伊藤 典哲

京都に生まれ、親戚に陶芸窯元も多く小さい時から陶芸には興味があった典哲さん。
自然と陶芸の道に進み泉湧寺地域に開窯、2002年には伝統工芸士に認定される。
つかわれる方が喜んで使ってもらえるのが一番うれしいと、自分の個性を押し出すよりは使い手の自由な発想を引き出すようにとシンプルな器が得意。
赤土に粉引をしたシンプルな器を冷却還元という手法で焼成すると、こんなに黒と白がはっきりと仕上がる。

伊藤 典哲 冷却還元粉引 一服碗
伊藤 典哲 冷却還元粉引 徳利・ぐい呑
伊藤 典哲 冷却還元焼〆 ぐい呑大
俊山窯
  • App Store
  • Android Market